ナイトワーク体験してわかったこと

給料が多いから頑張れたキャバクラ嬢

高校生の頃から昼のバイトをやってきましたが、時給が低くてうんざりしていました。効率よくお金を稼ぐなら夜のバイトが一番だと思うのでキャバクラの求人に応募して無事採用されました。単純にお金が欲しくてこの仕事を始めたのですが実際にやってみると、思った以上に難しくて苦労しました。コンビニやスーパーのような単純作業の仕事は簡単にこなせてきたのに、キャバクラの仕事は接客がメインになるのである程度頭を使わなければいけません。私なりに考えて接客をしたのですが、女性の私が男性の気持ちがわかるわけがなくよく空回りしました。多少の失敗は目を瞑ってもらえましたが、失敗が多くなると注意されますしマジで怒られたこともありました。私としては今までいろんな仕事をしてきましたし、多少の自信はあったのですが何回も心が折れることはありました。それでも、給料が多かったので続けることができましたし、店長に怒られてもくじけずに頑張ることができました。

女性画像

キャバクラで初めてブログを書いた件

私はどちらかというとSNSなどは必要最低限でいいなって感じの人でもちろんブログなんかもあんまり興味がない方でした。もちろん人のブログは見ますが自分で書くなんてほとんど考えたことがなかったんです。そんなときにバイトのために求人サイトを見ていたらキャバクラに惹かれてしまい、求人にあった高い時給がもらえるならやってみよう!と意気込んでバイトを始めたんです。キャバクラのバイトは正直自分が変われるような感じがして楽しかったんですが他の女の子たちがブログで営業していることを知ったときにはちょっぴり驚きました。他の子たちからはちょっとしたエピソードと出勤日を紹介するだけだよって教えてもらったもののどうすることもできず、悩みながらもブログを始めたんです。キャバクラといえば営業メールなどがありますがブログなら相手がアクセスするだけでいいので負担も少なくなるメリットがありますよね。そのために始めたブログは始めこそ大変でしたが今は慣れた手つきで更新できるようになりました。

友達と一緒にキャバクラ嬢になった

キャバクラ嬢になる前は昼間の仕事をやっていました。どちらかと言えば簡単な仕事だったし気楽に続けることができた仕事でしたが時給の少なさだけはどうしても気になっていました。求人サイトを見てみると他に時給の高い仕事が見つからなかったので、このまま続けていこうとこの時は思っていました。しかし、バイト仲間がキャバクラ嬢になると言って仕事を辞めたので、私も新たな世界を見てみようかなと思い友達とキャバクラ店に体験入店してみました。友達はすごく可愛らしい容姿をしているためお客さんにも人気があり、まだ見習いなのに指名されるくらいまで人気が出ていました。私は体験入店中は先輩の下について仕事を覚えて、ミスを少なくするように徹底していきました。そのおかげで、今では友達兼ライバルみたいないい関係で仲良くできていて、仕事も順調に稼げるようになりました。一人では飛び込めない世界でも、お友達がいれば頑張れるってこともあるので仲間って大事だと思います。

遣り甲斐を感じられる仕事です

最高に楽しい環境でアルバイトができるって素敵ですよね。私の中では間違いなくキャバクラがそうだと思っています。一緒に働く女の子とは休みの日は普通に買い物に行ったり飲みにいったり、旅行に行ったりもしています。仲良くなればなるほど仕事でも助け合いができたりしますので良い循環になるんですよね。求人に興味をもってキャバクラで働き始めたんですが、普通にアルバイトとして濃い経験ができている毎日です。普通にお金が稼げなくても楽しければ良いやっていう人もいると思いますが、私はそうではなくてしっかりと稼ぐのも正解だと思っています。求人にはすごい金額の給料が稼げるような感じで書いていますが、努力をすれば本当にそれが稼ぐことができるっていうのが夢があって良いですよね。いろんなお客さんが接客をするたびに喜んでくれる。それって本当に嬉しくなるんですよ。かなりそういうところで遣り甲斐を感じる事ができるようになれる仕事ですね。

助け合いが出来ています

大変なアルバイトはもちろん世の中には沢山ありますが、キャバクラのアルバイトもその一つに入るでしょう。というのが、まずいろんなお客さんを相手にします。人によって性格がもちろん違いますので、本当に大変なんですよねそのへんは。例えばこの接客方法が合っているというお客さんがいても一緒に来ている別のお客さんはそのような接客をしたらダメだとかザラにあります。やはりそういう時にどうやってうまく立ち回るかはかなり勉強しなければいけません。その他にも求人に書いてあるように一人ひとりに対してしっかりとしたフォローがあるキャバクラもあれば、まったくそんなことしないような、いわゆる自分で解決してというスタンスのお店もありますからどうやったら良いのか分からないなんて混乱する女の子もいたりします。そういう時にいかに周りの女の子が助けてくれるかに掛かっているのですが、私が働いているお店は幸い求人のとおりでとても雰囲気がよく助け合いができていると思います。